蓮華舎のブログ。

出版社 蓮華舎のブログです。新刊のこと、著者のお話、寄稿、取材記、舎長の日誌など。

子育てなんかできない! 第6稿 ゆっきぃ

《私は妊娠出産育児?で『あきらめる』のパワフルさを知りました。⑤

みなさんこんにちは!

お元気ですか?ゆっきぃです。

 

蓮華舎さんでのこの連載の原稿を書くたびに「もう1ヶ月?!早っ!!」と毎回同じ反応をしていることに笑ってしまいます。

みなさんのこの1ヶ月はいかがでしたか?

世間では毎日たくさんのニュースが流れています。

私の内側にもさまざまなニュースが流れ、そして消えていきます。

あなたの内側には今どんなニュースが流れていますか?

過去にはどんなニュースが流れたのでしょうか?

かつて私の中に流れたニュースを今一度取り出して、みなさんにお見せしますね。

『あきらめる』を知ることになったニュースを。

よかったら今回もお付き合い頂ければうれしいです。

この『あきらめる』シリーズをまだ読んでいらっしゃらない方はこちらからぜひどうぞ。↓↓↓

 

 

天太さんがNICUを出て、わが家に迎え入れてからのしばらく日々は私の記憶の中ではとても辛く苦しいもののままです。

今思い返してみれば、それはそれはすごいプレッシャーの中で生活していたのがわかります。

(当時はわからなかったんですが。)

一日中ずっと気にしていなければならないのはどんなに健常の赤ちゃんでも同じだろうと思うのですが、成長する可能性が極めて低く、そしていつ死んでしまうかわからない子の毎日のお世話は思っている以上に辛いものでした。

 

未来がみえない。

(いつだって未来はみえないのですが…。)

私はいつまでこの生活に縛られるのだろうか。

朝から晩まで、24時間ずっとこの子を気にしながら生活している毎日。

気軽に出かけることもできない。

外に出ればそれだけ感染症のリスクが高まるし、なによりミルクの注入はどこでどうやればいいのか。

 

目の前の天太はいつだって可愛くて、そして不器用ながら笑う事ができるようになったりしている。

3歳になった娘は3歳なりにこの小さな弟を可愛がっている。

抱きしめるとふにゃふにゃで温かい。

キスをするといつものびっくりしたような顔で私を見返す。

 

そんな天太は、いつの間にかこんなに「辛い辛い」と思っている私を目で追うようになっていました。

 

天太はとてつもなく可愛い。

でも毎日が辛い。

寝不足で、自由がなくて、いつだって何かを心配して、気にして…

 

いつ死んじゃうかわからないってことは、いつまでもこの生活が続いていく可能性があるってことじゃん!

で?

あと何年?

あとどれくらいこれが続くの?

私はずっとこの子のお世話をし続けて、この子とともに老いていくの?

健常な姿がみられるわけじゃないのに?

どんなに一生懸命お世話したって話すことも歩くことも自分でご飯を食べられるようにもならないのに?

ずっとオムツをつけた状態のままなのに?

いつ死んじゃうの?

それはいつ?

これ以上お世話し続けたら、私はこの子が死んじゃった時どうなってしまうと思う?

 

毎日『今』『やること』に集中しようと思って過ごそうとしていた私ですが、それでもすぐにそんな思考に持っていかれる日々。

私はそんな自分が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

 

 

f:id:rengesha:20200707223432j:plain

亮一さんの髪を切る時間は至福の時間です。裏庭にて青空理髪店開店。

 

「私さ…天太のことめちゃくちゃ可愛いと思っているのにその反面『早く私を解放してくれ!』『どう死んじゃうんなら早く死んでくれ!!』とか思っちゃうんだよね…。もう母親としてこれは失格だと思うしほんと最低な母親だって思うんだよ…。」

 

ある日私は亮一さんに泣きながらこんなことを言いました。

我が子に対して「どうせ死んじゃうんなら早く死んでくれ。」と思ってしまうことの辛さ。

「早く私を解放してくれ!」とまるで被害者のように感じている悲しみ。

そう思ってしまう自分が嫌で仕方がない事実。

 

天太が生まれてから私はたくさん泣きましたが、この話をしている時が一番泣いたように思います。

私のこの話を聞いた亮一さんは少し黙って何かを考えたあと、優しく静かにこんな言葉を口にしました。

 

「あのさ…ゆっきぃは天太のことを可愛いと思っているんでしょ?愛してるんでしょ?それは見ていて伝わってくるよ。ゆっきぃは一生懸命やってるもん。

俺にはそんなことできないよ。」

 

私はこの言葉をますます涙を流しながら聞きました。

そして「うん…」と小さく呟きました。

亮一さんは続けます。

 

「それでさ、その反面『早くこの生活から私を解放してくれ!』と思っちゃうんでしょ?『どうせ死ぬなら早く死んでくれ!』とも思っちゃうんでしょ?」

 

私は胸がギュッと苦しくなるような感覚になりながら、その亮一さんの言葉に「うん…。そうなの…。」と答えました。

その後亮一さんはとても軽くこんなことを言いました。

 

「それでいいじゃん。」

 

私は亮一さんのその言葉を聞いた時、びっくりして目を見開きました。

 

「それでいいの?」

 

驚いている私に向かって亮一さんは話します。

 

「だってさ、天太を愛しくて可愛いと思ってるのも事実でしょ?でも『早く解放してくれ』と思ってるのも事実なんでしょ?

どっちも事実であって、そのどっちもがゆっきぃの中に同居したっていいじゃん。」

「母親だと辛い事を辛いと思っちゃダメなの?この状況でそう思わないなんて無理なんじゃないかと思うよ。俺だったら『もうやだー!』ってすぐに思うよ。当たり前じゃん。辛いんだから辛いって思って何が悪いの?」

 

『天太を可愛くて愛しいと心から思っている』気持ちと『早く私をこの生活から解放してほしいと思っている』気持ち。

このどちらも私の中に湧いている感情。

それが同居したっていいじゃん。

辛いんだから辛いって思ったっていいじゃん。

早くこの辛さがなくなって欲しいって思ったっていいじゃん。

それの何が悪くて何がダメなの?

 

亮一さんは私にさらりとそんなことを言いました。

そこには『母親のくせに』や『母親なんだから』や『母親として当たり前だろ』という想いが皆無でした。

あくまでも『ゆっきぃという存在』に対してのまっすぐな視点からの言葉でした。

 

私はこの亮一さんからの言葉を一生忘れません。

これで気付けたことがたくさんあるからです。

 

さて。

私はこの亮一さんとのやり取り後、ガラリと何かが変わりました。

日々の生活が変わったわけではないのに、私の中の何かが大きく変わったのです。

 

 

次回はやっと『あきらめる』について詳しく書いていけそうです。

ここまで読んでくださった方々、ほんとにありがとうございます!

よく途中で止めませんでしたね。笑

よかったら次回もお付き合いくださいね。

ではまた次回。

それまでどうかお元気で。

 

山田麻子 今月のひと筆。2020年 7月

f:id:rengesha:20200630153315j:plain

©Asako Yamada

--------------------------

【珈琲フロート】

流されていってしまうのではなく

足場ないところに

今はただ浮かんでいるような。

珈琲フロートです。

 

山田麻子公式 HP

山田麻子 手書き暦 ✳︎2020年版の受付は終了しました。来年をお楽しみに!

 

フォノグラム研究の書籍化プロジェクト!YouTube深夜番組その2

本日23:00〜です!

大津が小野田さんにお話を伺っていきます。

どうぞお楽しみに。

金曜日の配信URLです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=a1UHy1ZD31c&feature=youtu.be

 

物質と精神の橋を渡す、フォノグラム研究の書籍化プロジェクト!

 

「音と形と発掘者」でご紹介している、小野田智之さんのフォノグラム研究の出版プロジェクトがスタートしました!

 

 

YouTubeでの、第一回目の配信も終えました。
研究に見合った書籍にするために必要な金額を集めるところからのスタートです!!

寄付によるご支援 | オニョロジー

 

膨大な研究の書籍化の第一歩、新しいプロジェクト。ぜひ、オニョロジーさんのサイトのプロジェクトのための文章をご一読ください。

(以下全文掲載)https://onyology.com/cf-publication/

 

 
フォノグラム研究の成果を本にして出版したい!
目標金額300万円!
 
フォノグラム

ヴァイオリン制作上の音と形の関係性を探る研究から派生したフォノグラム研究。
フォノグラムとは音の図形という意味で、私たちの造語です。
そうして始まった研究は、先代から数え、はや30年近くの歳月を経ています。
フォノグラムは、ヴァイオリン制作の秘密を解き明かすだけでなく、東洋医学における経絡現象や脳や身体の共鳴の関係性など、現行の物質科学では解決不可能な問題にメスを入れることができます。
「もじもじ考」という私の主催するワークは、音を利用して身体と脳の共鳴状態を操作することを学ぶものです。
身体と音の関係をフォノグラムの観点から研究していきますと、ピタゴラスカンマの存在理由や神秘主義が私的に語る世界像を、もっと知的な形式で理解することも可能になります。
また、このような研究を始めた動機は、私たちなりに、人類史的な今日の危機的状況を予見できていたからです。
フォノグラム研究は、まさに、今日の人類の危機的状況のために用意されたものであり、今こそ、人間の中に眠る隠された本当の力を知っていただきたいからに他なりません。
本書の価値がどこにあるかというと、それは、精神と物質、あるいは科学と宗教という相容れない二つのドグマにヴァイオリンの音と形の謎解きをすることで、橋がかけられたことなのです。
そして、前頭葉ゲシュタルトに縛られた現行の物質科学を超えた新しい科学、それはもはや科学と宗教の融合したものとして、我々の目の前に開かれることになります。

 
 
出版の動機
 

フォノグラム研究を、もっと多くの方々に知っていただきたい。
私という人間をもっと知っていただきたいというのが動機です。
そして、多くの方々と繋がり、新しい社会の構築に少しでも貢献したいという思いがあります。
私は何の後ろ盾もない無名の人物です。
研究成果以外、私を語れるものはありません。
また、敢えてそのようなスタンスで30年間研究してきました。
ここには、われとわが身と本当だけで、この社会に対峙したいという私の強い信念があります。
出版に際しても、このようなスタンスは変わりません。
もしそうでなければ、必ず、研究成果というものは都合のいいように歪められてしまうからです。
また、真に新しい価値のあるものを認めることができるのは、いつの時代も組織ではなく個人から始まります。
皆様の直感に頼るしかございません。
どうか私に、私の研究に張っていただけないでしょうか?

 

物質と精神の橋を渡す研究の導入はこちらのインタビューをどうぞ!(1)〜(3)

 

f:id:rengesha:20200206195445j:plain

オン・メディテーション by Sri M ④ ー恩寵は既にそこにあります。

『ヒマラヤの師と共に』のSriMの最新作『On Meditation-オン・メディテーション』。ご紹介、第4弾です。

 

 

 聞きなれない言葉かもしれません。

常に私たちが共にある「恩寵」とは何でしょうか....

 

今後、シュリー・エムの講話のアップもしていきたいと思います。どうぞお楽しみに!

 

 ニュースレターのご登録はこちら!: 出版社 蓮華舎

--------------------------------------------------

 

On Meditation 第9章「 瞑想における師匠と恩寵の役割 」より抜粋

 

Q:魂の成長における目標に達するために必要なのは時間ですか? 努力ですか? 恩寵ですか? 

 

M:三つの全てが必要です。努力と時間、恩寵のどれもが重要です。

 

 なぜかを説明しましょう。まず、いくばくかの恩寵がなければ、そもそも魂の成長のために努力をすること自体が不可能です。もし誰かが既に実践を積んでいるとしたら、これは疑う余地なく恩寵のおかげなのです。恩寵は既にそこにあります。恩寵がなければ、魂の成長を求める方向へ向かうことすらできません。

 

.....

 

恩寵は常にそこにあるものの、いつ風が吹くのかは私たちには決められません。しかし、私たちの扉と窓が閉まっていては、風が吹いても中に入ってくることができません。ですので、謙虚な態度で扉と窓を開けるための全力の努力をして、風が吹いたときにお迎えできるようにしましょう。

 

f:id:rengesha:20200610180858j:plain



 

 

 

おにょTV特別配信、本の出版について。12日金曜日23:00〜

現在製作中の本「フォノグラム」の著者、小野田さんの「おにょTV特別配信」にて

6/12 23:00〜蓮華舎大津ズーム参加。

 

「フォノグラム研究」について伺っていきたいと思います!

 

どうぞお楽しみに!

 

フォノグラム研究についてはこちら。

padmapublishing.hatenablog.com

子育てなんかできない! 第5稿 ゆっきぃ

《私は妊娠出産育児?で『あきらめる』のパワフルさを知りました。④》

 

こんにちは。ゆっきぃです。

コロナ自粛も緩和され始め、ちょっとずつ柔らかな感じになってきているように思うのは気のせいでしょうか?

私たち家族は「こんなんで大丈夫なのか?!」と思うほど、毎日のほほんとのんびり生きています。

 

いい天気だなぁ。鳥の声が可愛いなぁ。風が気持ちいいなぁ。ムカデの季節だな!!。コバエも出てきてるね?!。そろそろ赤しそジュースを作りたい時期だなぁ…

 

そんなことと変わらないテンションで私はふと思います。

 

「私には息子がいたんだなぁ。」

「死んじゃったんだよなぁ。」

「あの時は大変だったなぁ。」

と。

 

不謹慎に感じます?

もしそうならごめんなさいね。

でも仕方がない。

これが紛れもない事実であり、私にとってはとても心地のよい毎日なのですから。

 

さて、今回もその大変だったときのお話しの続きです。

割とセンセーショナルだしなかなか衝撃的な出来事だけれど、『あきらめる』を知ることで、こんな快適な毎日を過ごすことができているんです。

では今回もこの物語をご自分の“今”に在りながら楽しんでみてください。

そうなるように綴りますね。

*まだ読んでいらっしゃらない方はこのシリーズを最初から読んでくださると嬉しいです。ぜひ。↓↓↓

 

小さな小さな息子は『天太(てんた)』と名付けられました。

最愛の旦那さんが「これがいい!」と前々から思っていた名前です。

(私、この名前大好きなんです。可愛くないですか?)

天太は2250グラムで産まれてきました。

18トリソミーの男の子にしては大きく立派に生まれてきた方です。

彼は生まれてすぐに「2週間がヤマです。」と告げられ、あらゆる管や線をつけられ、小さな顔に大きな酸素吸入用のマスクをつけられました。

細い腕、細い足、ちょっと黒めの皮膚(血色が悪くてね)、微妙に気になる耳の位置。

両手の中指と薬指はいつも折り曲げられ、いつでも不思議な形のグーをしている。

背中の毛はかなり長く、そして毛深い。

一見して「普通じゃない」とわかる風貌な彼は、いつだってとても大きな綺麗な目で私を見つめました。

 

「…か…可愛い…」

 

私は彼に会いに行くたびに愛しさが増していくのを感じました。

折れ曲がったままの指の不思議なグーも、ちょっと黒い肌も、耳の位置も、背中の長い毛も、すべてがどんどん愛しくなっていくのです。

そんな自分の感情が怖くて、嫌で仕方がありませんでした。

我が子を可愛く思う気持ち、愛しく思う気持ちが怖くて怖くて一生懸命なんとか蓋をしようとしました。

そして彼の物は極力買わないように、増やさないように努めました。

だって、どうせ死んでしまうのですから。

 

私はNICUで彼を抱っこしながら、窓からふりそそぐ太陽の光を浴びている時間があまりにも穏やかで何度も静かに涙を流しました。

 

その後、彼は2週間のヤマを乗り越え、心臓に開いていた2ミリほどの穴を塞いでしまい(自力でね)、呼吸器から脱却するという快挙を成し遂げました。

私と亮一さんは何度もいろんな決断を迫られ、何度も話し合いをして、何度もドキドキしながら私たち夫婦の決断を先生に伝えました。

 

今なら手術ができそうですが手術はしますか?もしもの時に延命治療はしますか?もしもの時に人工呼吸器は付けますか?一度人工呼吸器をつけてしまうとなかなか外せませんが?…などなど盛りだくさん。

 

生まれてすぐの我が子の命に関わることの決断を、何度も何度もしなければなりませんでした。

これはなかなかにきついことです。

いつだって『死』が隣り合わせであることをこれでもかと突きつけられたのです。

 

「どんどん天太が愛しく可愛くなっていってるの。怖いの。もう嫌だよ。どうせ死んじゃうんだったら早く死んじゃえばいいのにって思っちゃうの。そんなことを思っちゃう自分もなんなの?!って思うの。もう嫌だよ。」

 

私は亮一さんに何度もそんなことを言いました。

その度に亮一さんはじっくりと話しを聞いてくれて、そしてこう言ったのです。

 

「うんとさ…俺はこう思うんだ。いつだってなんだって唯一無二の自分の人生の『彩(イロドリ)』なんだなぁって。」

 

私は亮一さんのその言葉を聞いて、なんだか目がパッと開いたような気がしました。

 

彩。

イロドリ。

これは私の人生の中の彩なんだ。

 

f:id:rengesha:20200609220321j:plain

木に登ってレモンを獲る亮一さん。イロドリだなぁ。

 

 

まぁパッと目が見開いたからといって、身体と心のしんどさは変わらなかったんですけどね。笑

でも視点ができた。

彩なんだという視点ができたのはとても大きかった。

 

その後、天太さんは驚異の回復?成長?を遂げ、生後4か月頃についにNICUから出ることになります。

 

・口からミルクを飲むことができない。(鼻からチューブを入れてそこから点滴のようにミルクを入れていく。←1日7回。)

・自力でウンチを出すこともできない(浣腸を一日2回ほどする。)

・飲ませるお薬の種類がいくつもある。(シリンジで鼻チューブから入れる。)

・身体がめちゃくちゃ弱い。(すーぐ感染症にかかる。)

・いつまでたってもふにゃふにゃのまま。(首ずっとぐにゃぐにゃ。)

・いつ死んじゃうかわかんないって言われている。

 

↑これ。この状態で家に帰ってきたのです。

 

そりゃ嬉しかったですよ。

生まれてから添い寝を一度も出来なかったんですから。

やっと一緒に寝られる。なんて思ってね。

でもそれ以上に不安で不安で仕方がなかった。

家には3歳になったばかりの娘がいます。

その娘のお世話と天太のお世話(やることいっぱい!!)、そして亮一さんのゴハン作りや家事。

なんだか大変そうだけれど、何が大変かもわからない状態でした。

 

さて。

ここから私はかなり疲弊していきます。

やることが多すぎて…な部分もかなり大きかったけれど、それ以上に自分の中の『べき』や『こうでなければ!』や『これだけはゆずれない』がどんどん如実に露呈してきたからだと思います。

この後私に、今思い出しても二度とあの時には戻りたくないっ!!と切実に感じてしまうほど辛い時がやってきます。

まぁそれも彩なんですけど。

 

長くなってしまったのでその話しはまた次回。

『あきらめる』に必ず辿り着きますから(笑)、どうか最後まで読んでくださいますように。

また来月お会いしましょう。

それまでお元気で!

 

ではまた。