蓮華舎のブログ。

出版社 蓮華舎のブログです。新刊のこと、著者のお話、寄稿、取材記、舎長の日誌など。

【舎長おーちゃんが行く!⑧】「母」がいてはじめて、 私たちは「境界」に接することができる、の巻。

たいへんご無沙汰ながら、ようやく書けそうな気が...!

ということで、

おーちゃんが行くシリーズを更新してみようと思います。

 

やっと! 先月『母の力』が刊行されました。

実に『恩寵の力』が発売されてから1年弱もかかってしまいました!!

 

そろそろ出さねば会社も回らない!

という現実的な切羽詰まり感以上に、

今回はもっと切羽詰まった事態にありました。

 

というのも、

前作『恩寵の力』が出版されてから私個人としても怒涛の日々で

『母の力』の出版プロジェクトがはじまってからは

その渦がさらに大きくなっていったのです。

 

なんと、、、!!

お腹に赤ちゃんがやってきたのです!

わぉ~!!すごい、何と言うかわかり易い!と思ったのも束の間、

気づけばその渦に飲み込まれ、溺れてしまうのではないか

とも思われるような「母の力」に翻弄される自分を発見し

それによってなかなか進行も思い通りにはいかず

しかし、生まれる前に本を出さなければ....!

というタイムリミットが眼前に浮上した瞬間でもあったのです。

 

そして

「自分の体の中にいる自分とは別の何か」によって

言い換えれば、

「身体」に翻弄されるいわば超‘’マーヤな”出来事と共にあって

しかも、自分の中にいるものがどうやら

「自分とは別の魂を持っているらしい」ことを肌で知るにつれて

私にとっての『母の力』プロジェクトはまた

まだうまく言語化ができてはいないのですが、

不思議な仕事となっていきました。

 

原稿のあれこれをする段階を経て、市場に出す段階になると

現実的な仕事が目白押しになるので、

無事発刊されてからゆっくり読み返すこともできていませんでしたが、

発売から1か月経ってやっと時間が取れ、ぱらぱらと読み返していると...

 

「母」は時間や空間をはじめとする、あらゆる物を創造しました。

「父」は空間であり、「母」は時間であると既に書きましたが、

そもそも神においては時間と空間の本質はそのうちに内在しています。

しかし、神という非顕現な状態では、この時間は在っても顕現しません。

「母」の創造を必要とするのです。

神=「父」の存在の状態は、空間的であると言えます。

しかし、その存在が空間的であると認識されるのは

「母」のマーヤによって時空が顕現したからこそはじめて認識されうるのです。

(「母の力」第一部166頁) 

 

....というところで、

もう何回も何回も読んでるはずなのに

あらためて手が止まりました。

そして、うぉ~すごいな!と唸りました。

 

「母」による創造がなされてはじめて

「母」がいてはじめて、

私たちは「境界」に接することができるのだ

ということをあらためて感じたからです。

 

思えば、赤ちゃんがお腹の中にやってきてすぐ

科学的に(?)言えば、ホルモンの変動によって、

感情の波や身体的な不快感の渦に不可抗力で支配されていたとき

「どうして私の体なのにこんなにどうしようもないんだ!?助けてくれ~!」

と心の中で何度叫んだことか。

その思いに十分苦しんだ後、

私の体の中に、別のものがいる。

.....ん? まてよ、「これ」は私ではないのだ!

だから「私のもの」として理解しようとしてできるものじゃないんだ。

ということにハッと気づいて、

そこから少しずつ気持ちが落ち着いていきました。

科学的(?)に言えば「胎盤が完成して、つわりが落ち着く」ということに

なるのだと思うのですが

私からすれば、その理解を得させるための「母」の恩寵(≒叱咤

であるとすら思えました。

 

同時に、「私」と「私のお腹のなかにいるそれ」との

明確な境界を感じた瞬間でもありました。

 

あちら側とこちら側にまたがって存在する「母」

絶対者とこの世界の間に存在する「母」

「1」の状態では感じることのできない、

「2」以上の豊潤な世界ではあるけれど

「2」以上に埋没して我を忘れると「1」に戻れなくなってしまう。

そんな、紙一重の境界線を生み出す「母」

この本には、そんな「母」の怒涛の(この字、母にぴったり!)

シャクティ(力)が

にじみ出てあふれ出てしまいそうなくらい詰まっていると感じます。

そして、それがとりもなおさず、

「母」の愛なのだとも思います。(怖いけど)。

 

そして。

つわりが落ち着き、妊娠前と同じような

「絶対」に繋がっている安心感を取り戻したのも束の間...

今度は、お腹の中の「それ」の存在感が増して行く日々となっていきました。

お腹はどんどん大きくなり

ついに子宮は元の大きさの1000倍に達し

お腹がはちきれそなくらいの元気な胎動とともに

「ここにいます!」と言ってくる、「それ」。

当然私の意識は、今度は「それ」に翻弄されていきました。

 

子の宮とはよく言ったもので、この臓器はどうやら

自分のためのものではなく

自分ではない何かを保護するためのtempleであるようなのでした。

そして、その中にいる「それ」には、いつの間にか、どこからか

それを個として成立させる「魂」なるものが

しかと収まっているようなのです。

その壮大な仕組みを思うと、頭がくらくらする気分に襲われてきます。

 

一体全体、それは、どこからやって来るのでしょうか?

 

それをこのマーヤの世界に送り込む意図は何なのでしょうか?

 

わざわざ1ではなく、多の世界に送り込まれておきながら

1に戻るための模索をするとは、、、

何たることでしょうか!?

 

こっちの二元の世界においては完全に一元を忘れて二元で生きているけれど

この一元と二元のラインが「母」であって

そのラインを経験すると、そもそも「母」があるわけではなく

在ったのは神だということになります。

ですから、やはり「結局は神なんだ!」ということになるのです。

(第二部 講話と問答p289)

 

こちら側とあちら側を超えていくために必要なのが

その境界にいる「母」の恩寵であるのなら...

 

私たちはもっともっと、「母」の意図を思いながら

「母」と共に生きてみるのもいいのかも、しれません。

 

もしかすると、その世界はより豊潤であるような気がしています。

 

ぜひ『母の力』読んでみてくださいね(^o^)丿

どこにもいまだかつて

書かれていなかったことばかりだと思います。

 

 

 

 

『母の力』著者 岩城和平先生出版記念トークライブのお知らせ➡️延期のお知らせ

『母の力ーすべての創造の根源からの教え』

出版記念イベント

 

★出版に伴い 岩城和平先生オンライン・トークライブを企画しています。

(※アーカイブ配信はありません。)

★『恩寵の力』トークライブの模様はこちらをご覧ください。

 

*【日時】 10/10(月曜日・祝日)13:30~15:30   (Zoomでご視聴いただける環境が必要です。)

    ➡️運営上の都合により、急遽延期となりました。

  楽しみにしてくださっていた方には、申し訳ありません。

  詳細が固まりましたら、改めてご連絡させていただきます。

  宜しくお願いいたします。

 

 

『母の力』お取り扱い書店様のご案内

蓮華舎 新刊『母の力』お取り扱い書店様 のご案内】

9/20 一般発売! 18日頃から全国の書店さんの店頭に並び始めます。

下記よりお近くの店舗をご確認の上、ぜひ店頭にてお手に取ってご覧ください。

店頭入荷のない場合は、「書名・蓮華舎刊・トランスビュー取扱・ISBN(978-4-910169-07-1)」をお伝えの上、店頭でご注文いただくとスムーズです。

全国どの書店様でもご注文頂けます。

下記書店様では確実に発売日にお買い求めいただけます!

※【◎>〇>無印】の順で入荷の多い書店様です。

※  売り切れの場合は店頭にてご注文下さい。

------------------------------------------------------------

 

紀伊國屋書店札幌本店

丸善 仙台アエル

オリオン書房ノルテ店

紀伊國屋書店 新宿本店

ブックファースト中野店

くまざわ書店八王子店

オリオン書房ルミネ立川店

くまざわ書店武蔵小金井北口店

丸善 多摩センター店

ジュンク堂書店 吉祥寺店

三省堂書店池袋本店

ジュンク堂書店 池袋本店

MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店

丸善 丸の内本店

◎読書のすすめ

○BOOK CLUB KAI

ジュンク堂書店 立川高島屋

ジュンク堂書店 鹿児島店

ACADEMIAサンリブ小倉店

ジュンク堂書店 福岡店

ジュンク堂書店 松山店

ジュンク堂書店 広島駅前店

丸善 広島店

喜久屋書店倉敷店

喜久屋書店倉敷店

丸善 岡山シンフォニービル店

ジュンク堂書店 姫路店

ジュンク堂書店 明石店

ジュンク堂書店 三宮駅前店

ジュンク堂書店 天満橋

清風堂書店

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店

ジュンク堂書店 大阪本店

ジュンク堂書店 難波店

丸善 京都本店

ジュンク堂書店 滋賀草津

○ちくさ正文館書店本店

ジュンク堂書店 名古屋店

MARUZEN&ジュンク堂書店 新静岡

大阪屋書店

○BOOKSなかだ掛尾本店

ジュンク堂書店 新潟店

ジュンク堂書店 藤沢店

有隣堂厚木店

ブックファースト青葉台

有隣堂新百合ヶ丘エルミロード店

丸善 ラゾーナ川崎

丸善 津田沼

ブックファースト ルミネ川越店

ジュンク堂書店 大宮高島屋

アカデミアイーアスつくば

Antenna Books & Cafe ココシバ

◎イルパライソ

 

https://www.amazon.co.jp/%E6%AF%8D%E3%81%AE%E5%8A%9B-%E3%83%BC%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%E5%89%B5%E9%80%A0%E3%81%AE%E6%A0%B9%E6%BA%90%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E6%95%99%E3%81%88-%E5%B2%A9%E5%9F%8E-%E5%92%8C%E5%B9%B3/dp/4910169075/ref=sr_1_1?crid=305RHGYYQ3JBD&keywords=%E6%AF%8D%E3%81%AE%E5%8A%9B&qid=1663233406&s=books&sprefix=%E3%81%AF%E3%81%AF%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%81%8B%E3%82%89%2Cstripbooks%2C313&sr=1-1



マーヤ(幻影)の作用を知らなければ、神そのものを理解することはできない。(9/20 発売『母の力』 より)

【 蓮華舎 新刊 内容ご紹介その④】

母の力 一すべての創造の根源からの教え』岩城和平(著)2022/9/20発売!

はじめに(こちらから試し読みができます

 

『恩寵の力』で完結に触れられていた「マーヤ」の作用について

『母の力』では、より詳細に描かれています。

それは、マーヤもまた「母」の創造物であるから。

以下、「はじめに」の一節をご紹介します。

 

 

「母」の教えはどちらかというと、我々にとっての悟りの障害となるものが何であるか、という部分に特化されています。神の教えは真理のみに焦点が合っていますが、「母」の教えは我々が抱える様々なマーヤ(幻影)という障害をどのように理解するかがポイントになります。

この「母」の教えを理解することで、我々が深刻に捉えていたさまざまなマーヤをマーヤとして理解できるならば、雲が張れるように意識が晴れ渡り、神という絶対的な真理が顕わになります。

マーヤを知らなければ、神そのものを理解することはできません。相反する教えが存在してこその我々の世界です。(「はじめに」より」)

 

https://padmapublishing.jp/product/thepowerofmother/

 

『母の力』先行発送受付9・1開始!

【 蓮華舎 新刊 先行発送のご予約開始! 】

『母の力ーすべての創造の根源からの教え』  岩城 和平 著 

はじめに(こちらから試し読みができます

 

9月1日より、先行発送ののご予約を開始しています。

送料無料にて順次発送いたします。

ご注文はこちらからどうぞ。

母の力 一すべての創造の根源からの教え - 出版社 蓮華舎 (padmapublishing.jp)

 

 

エゴを客観的に観、かつ、マーヤや魔を認識すること。(9/20 発売『母の力』 より)

【 蓮華舎 新刊 内容ご紹介その③ 】

『母の力ーすべての創造の根源からの教え』  岩城 和平 著 

はじめに(こちらから試し読みができます

 

 

普通の人は、エゴが主観になってしまっています。神の経験をする前は、エゴが主観になっている。

ところが神の祝福を受けてしまうと、「エゴ」と「神」とそれを体験する「私」が完全に三つに分かれます。

この意識状態はヒンドゥー教で言うところの「ブッディ」に近いと私は思っています。そのブッディという、自己においては最も超越した意識というものが、エゴを客観的に見、かつ、神や至福というもの、そしてマーヤや魔的な存在を、この超客観的な「私」の外側にすべて存在しているものだと認識できます。そのうえで、「自己」が行きたいものと一緒になれる。

客観的にすべてがわかっているから、どこへ行くべきかは「ブッディ」が目覚めた段階では分かっていると思います。

 

(第二部 Ⅱマーヤと魔 より)

 

 

「母」に向かえば愛になり、「父」に向かえば智慧になる。(9/20 発売『母の力』 より)

【 蓮華舎 新刊 内容ご紹介その② 】

『母の力ーすべての創造の根源からの教え』  岩城 和平 著 

はじめに(こちらから試し読みができます

 

 

神という存在は、本来は唯一なる超越者ですが、創造の原理として働くときに「父」と「母」に分裂するということです。また、この分裂にも属性が存在し、これはあらゆる生き物を雛形に考えれば明確ですが、「母」は生み育てること、「父」は円熟と死を意味することとなります。

「母」←私→「父」、この図式は、「母」に向かえば愛であり、「父」に向かえば智慧になります。この二元性は、三次元と言う現象世界においては逃れられない原則なのです。

この原則の影響を受け、今後二千年は「母」の影響が強く出ることが考えられます。

第一部 「母」とは より)

 

https://padmapublishing.jp/product/thepowerofmother/