蓮華舎のブログ。

出版社 蓮華舎のブログです。新刊のこと、著者のお話、寄稿、取材記、舎長の日誌など。

【小野田智之さんに聞く!】物質と精神の橋を渡す 〜音と形、フォノグラムの世界 (2)

昨日に引き続きまして、小野田智之さんに聞く!

インタビュー2日目です。

「響く楽器」の秘密は、どう生きるかに密接するという衝撃。 

どうぞご一読ください!

 

f:id:rengesha:20200206195445j:plain

渦を巻いているヴァイオリンのフォノグラム

 

―フォノグラムの図形を確実に観じとれるようになっていったのは、ヴァイオリンを等音面に削っていく過程においてですか?

 

これが、共同研究者が亡くなってから、確実にわかるようになりました。死ぬ前も一緒に削っていたけど、それまではどこかで頼っているんですよね。頼る人がいなくなって、完成もされていないとすると、自分で何とかするしかない。そうなって初めて出来るようになりました。

 

―共同研究者の方の身体がおかしくなったとき、小野田さんの膝を言い当てたように、自分で自分を治療することはできなかったのですか。

 

そこには、Fさんの大きな間違いがあったと思う。人一人では解決できないの。あの人は山に籠って修行していたようなものなんですよ。だけど、人っていうのは、人と絡む中でしか、自分に無い共鳴に反応することができないようにできている。

 

―自分に無い共鳴?

 

嫌な刺激であろうが何であろうが、人と接する中でしか、人間って救われていかないんだよね。そこが自分とFさんとの決定的な違いで、これは楽器制作にも表れている。

 

Fさんの楽器は、弦を張る前の状態だと「等音面」。だけど、弦張った状況では崩れているんだよね。弦を張って崩れているヴァイオリンは、最終的に弾いたときに崩れているの。鳴らない、響きが弱いの。つまり、外からプレッシャーがかかっている状態では、響くものにすることができなかったということです。でも、弦を抜いたときのそれは完璧。

 

つまり、真実っていうのは人の中にはないの。人と人の間にしかない。人と付き合っている中でしか本当の関係はできない。そこなんですよ。

だから「私」とか「あなた」を問題にしている以上、「真我」ではないんです。

 

すごい知性だったよ、でもそれは気づけなかった。すごい能力もあった、フォノグラムの能力もすごかった。それでもそこには気づけなかった。なぜか。

人との生活、プレッシャーがない状態で済ませてしまったからです。自分の現身(うつしみ)を見ているだけの世界。きれいなところしか見たくないっていう、ちょっとそういうところがありましたね。きれいな水の中で泳いでいてもね。泥の中で泳がなくちゃ。蓮の花にならないと。

 

死後、本当にそれがわかった。それを解決した時に、あぁ自分はFさんを超えたと思いました。冷静に評価するってことは、そこはちゃんと見定めないといけない。でも本当の自立はFさんが亡くなってから、自分で何とかしないといけない、となってからです。

どこまで到達しても、それを捨てないといけないんですよね。どうでもいい、っていうか。それができないと、最後までそれに苦しめられる。

 

でも、これも研究がある程度ちゃんとしてくるから、この話も意味を持つんですよね。そうじゃなかったら、ただの変な話です。そうでしょう?

  

f:id:rengesha:20200206200136j:plain

タッピングトーン(音)を聞きながら制作しているヴァイオリン

f:id:rengesha:20200206200134j:plain

 

 <明日に続く!お楽しみに!!>

 

 

【小野田智之さんに聞く!】物質と精神の橋を渡す 〜音と形、フォノグラムの世界 (1)

みなさま、こんにちは。

昨日予告していました通り!

 

本日から3日間にわたり、『物質と精神の橋を渡す 〜音と形、フォノグラムの世界』について、その世界の発掘者である、小野田智之さんにお話を伺ったことをご紹介していきます。

まずはフォノグラムとの出会いから。

 

「フォノグラム」という新しい世界の読み解き方がどのようにして生まれたか。

その軌跡の一部を読み取っていただけたら幸いです!

 

f:id:rengesha:20200206193334j:plain

 定期講習会の導入。小野田さんによる解説

 

―フォノグラム(音の図形)のことはいつ頃からわかっていたのですか?小野田さんが数学に出会った経緯も教えてください。

 

自分でもよくわからないんですが、若い頃から直観的にはわかっていました。お祖父ちゃんがアマチュアの画家というのもあって、芸術の教育を受けたのと同時に、屋根裏に行くと岩波文庫がバーッと並んでいたんですよね。デカルトの本とか難しい哲学の本とか。そういう本に、小さいながら憧れていたんですね。それで10代の終わり頃から哲学の本を読みだした。悩みを相談する相手が本の中にしかいなくて、本の中に答えが書いてあったりするわけですよ。それで、あぁそうなのか、と。

ただ、別に学者になりたいとか、そういうつもりで勉強していたわけではないです。それがだんだんと、大学生になって、数学の先生に会って、あぁ、数学の研究がしたいなと思った。

 

―大学生になるまで数学をやりたいと思ったことはなかったのですか?

 

全くありません。どちらかというと、人間の意識に関心があって人工知能の研究をしていたんですよね。そのときに、数学のある問題に行き当たって、数学の先生で面白い人がいる、って友達に紹介してもらったんです。そして、数学の問題を解かせてもらったらすごく面白くて、その場でパパっと解いちゃった。そしたら向こうも能力を認めてくれて、そこからマンツーマンの指導が始まりました。

 

―それは大学の何年生くらいのときですか?

 

2年生くらいかな。そのときは、何になる気もなかった。何の野心もない。本当はラグビーをやって実業団に入って、30歳位までやって、そのまま会社員やろうと思っていました。だけど、怪我をしてしまったから、それが叶わなくなったんですよね。

 

―今は亡き共同研究者の方と小野田さんのことを教えてください。

 

自分が25歳の時に52歳だったから、父親のような関係です。そのとき、自分はまだ学生で、郵便局が民営化されていなかった時代、郵便局のバイトは深夜だと人が余っているような状態で、バイトしながらずっと勉強ができた。そのとき、休み時間に自分はファインマンの物理学の本を読んでいて、それもあってその人が向こうから声をかけてきてくれて、それから休み時間にその人と一緒に話をしながら研究することができました。でも、はじめて会った時はリストラされたサラリーマンかと思いました。だって、変な図形取っている変なおじさんだし、郵便局のバイトでは生計は立てられないですから。

 

―その方は大学や何かに所属していたわけではなく、自分で研究をしていたのですか?

 

そうそう、ほとんど世捨て人のようでした。同時に、ほんとうに音楽家。ヴァイオリニストでありヴァイオリン制作者。自分は音楽とヴァイオリンの制作をその人から習いました。

 

その人に出会ったのはまだ学生の時で、スポーツで怪我したばかりで、もう人生終わったなと思っていた時。いきなりその人が「君、膝から下動いてないよ」って。誰にもそんなこと言ったことないですよ。本当にびっくりした。今の自分のように(フォノグラムを観ることで)膝を見て、言い当てたんですよね。

それで、それを言い当てられた事と、怪我した後で、命をぶつけられるような何かをしないと、これはもう浮かばれないと思っていた。そういう時にそのFさんと出会って、ああこれが俺の研究するテーマだ、ってわかった。

 

―共同研究者のFさんと数学の先生と、ふたりの先生がいる状態があったのですね。

 

そうそう、面白くて数学の先生とFさんは会っていないんですよね。

Fさんはすごい人だった。会った時、こんな知性は見たことないっていう感じでした。宗教とか芸術とか文化とか、いわゆる理数系以外は全部Fさんから学びました。そして、それを数学的に解明できるかを自分がやることを後押ししてくれたのが、数学の先生です。

 

―フォノグラムを科学的に証明しようとしたのは、大学を出てからですか?

 

大学時代からです。その研究に出会ったから、大学を辞めなければならないって思った。いわゆる「売れる研究」っていうのがあるわけですよ。それから「やっちゃいけない研究」もある。やっちゃいけない方だったから、言える訳がないの。だから一人でやるしかない。それに、やったところで何になるわけでもないんですよ。でもそれが重要だと思ってやっていた「何か」はあったわけで、それには価値があるって数学の先生も言ってくれたから。その後押しがなければできなかったと思います。研究を押す、というか、自分を押してくれた。だって、大学を辞めるって言ったら、辞めた日に「じゃあ、科学の国際会議でも行こうか」って先生は言うんだよ。何の手柄もない学生なのに。ただ「やる」っていう気持ちだけなのに推挙してくれた。周りは日本の代表ばかりで、「誰だ?」ってクレームは来るよね。そしたら、「この子が行かないんだったら僕もいかない」って、学会にもゴリ押しで入れてくれたりしたんです。ですから、数学の先生とはいい思い出しかありません。

 

大学を卒業してからもずっと研究していたんですけど、一般的なところに属している訳でもないし、ただ自分の信念というか、直感に基づいてやっているだけだから、さすがにどうにもならんな、ってところにくるわけですよ。

Fさんが他界して、もうこの研究やめようかなって思っていました。その頃はまだ何の実証もできてないから、無しにすれば自分も自由になれたから。それがちょうど33歳とかそのくらいかな。

それまではFさんと二人でやっていたから、なんとか気持ちも保てていたけど、いよいよ話し相手もいないし、これからどうなっちゃうのかな、と思いながらやっていたわけです。

 

でも、ここで止めると一生Fさんとのケリが付かないな、と。それで、解決して先に進むっていうことを決めて、やっぱり良かったなと思う。だって、そのまま止めていたら、Fさんは浮かばれないし、自分も浮かばれない。でも、今こうやって皆さんがフォノグラムのことを知り出した。だから、死んだ人も、残された方が頑張れば、救われるんだよ。昔はふとしたときに思い出すと苦しくなっていたんですよね。こういう話も出来なかった。こういう話が出来るようになって、成仏してくれたのを感じる。Fさんが頑張ったことは死後もちゃんとそれを受け継げば、お返しすることができる。だから、やってよかったなと思います。

 

 <明日に続く!お楽しみに。>

 

f:id:rengesha:20200206195234j:plain

ヴァイオリンのフォノグラム図形

 

【舎長おーちゃんが行く!②】音と形と発掘者、これからご紹介していきたいこと。

みなさん、こんにちは!

舎長のおおつです!!

 

私は先日、都内のはずれのある場所で、

ただひたすら板を削る不思議な人たちの集う場に行ってきました。

ただ黙々と、長時間、削る。おしゃべりに興じる人も特にありません。

何かを感じているようでもあるし、何かを聴いているようでもある。

 

一体、何をやっているのでしょうか?

 

これは、これから新しくご紹介していきたい大事な研究が辿って来た道筋を、

そっくりそのまま追体験するために設けられた場所です。

 

f:id:rengesha:20200205004019j:plain

f:id:rengesha:20200205004018j:plain


かくいう私も、これから削るための大きなまな板とのこぎりをぶら下げて会場に向かったわけです。

まさか人生で板を削る日が来るとは思ってもみませんでした...(そんなことばっかりです)。

 

そして!!

これから不定期で、舎長突撃取材レポート(?)を通して、

その様子をご紹介していきたいと思っております!

題して、音を観るということ~「フォノグラム」を体験し始めるひとびと。予定!

 

これら一連の出来事との最初の関わりは、小野田智之さんの主宰する「もじもじ考」に参加したことから始まりました。

 

どこの何とも異なるそこでのお話と「もじもじ考」がとても面白かったのに加え

うまく言えないのですが、背後に膨大な量の何かがある....

そんな予感とともに、私の中で疑問と興味と期待が膨らみました。

 

私たちは共鳴しあいながら日々を生きています。

自分の共鳴と人との共鳴。

それらがうまく響かなくなるときに不調、不協が生じる。

 

「もじもじ考」は自分の身体を、もともとのあるべき響きに戻してくれる、

そんな感じがしました。

自分がもとの素直な体に戻ってはじめて、他と共に響き合うことができる。

そんな風にも思いました。

 

同時に、今まで感覚的に捉えていた諸々の事を科学的に掬い上げてくれるような「もじもじ考」のレクチャーなどにも、

信頼できるという絶対的な安心感のようなものを覚えました。

その感覚は小野田さんの研究の内容を知るにつれて、確信にかわりました。

 

でも、「もじもじ考」は身体へのアプローチ。

そして、今私がご紹介しようとしているのは「板を削ること」。

 

このふたつが同じところで語られることに「なんで?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな鋭いみなさまに贈る、、、インタビューを用意しました!

 

主宰者であり、フォノグラム(音の図形)の発掘者、研究者である、おにょさんこと、小野田智之さんの辿ってこられた道筋や一体どんな研究なのか? について。

 

....少しご紹介するつもりが、あまりにも伺ったお話の内容が濃く、面白く、また大切なものであったため、全部書き起こしましたので、、、

明日から3日間にわたってお届けしていきたいと思います! 

 

小野田さんのブログには、こんなことが書かれていました。

 

私は、数学、音楽、東洋医学、物理学、宗教の中身などを「共鳴板を音を聞いて削る」という過程の中で全て学ぶことが出来ました。

フォノグラム研究は、すべての学問のルーツの研究であり人間そのものの研究であると言っても言い過ぎではないと思っています。

そして、いまだ、現代科学では明らかにされていない領域の研究でありフォノグラム研究は、その健全な橋渡しのための研究でもあります。

 

(健全な橋渡しというのは)現代科学とも矛盾しないという意味です。また、いまだリンクが見つかっていない精神と物質の橋渡しという意味でもあります。

 

「共鳴板を音を聞いて削る」とは、一体どんなことなのでしょうか。

 

ヨーガやインド哲学も含め、あらゆるジャンルの底に流れるものについて。

ぜひとも読んでいただきたいです。

 

どうぞお楽しみに。

 

小野田さんブログ:裏フォノグラム (音の図形2)→おにょ日記

オニョロジーHP:http://tomoyukionoda.com/

 

ニュースレターのご登録はこちらから!https://padmapublishing.jp/

舎長の日常はこちらから、、、Instagram : renge_padma 

 

山田麻子 今月のひと筆。2020年2月

f:id:rengesha:20200131130730j:plain

©Asako Yamada

 

1.  血管。動脈が伝える心臓の鼓動。

2.  すじになって続くもの。

3.  すじみち。つづきぐあい。

 

山田麻子公式 HP

山田麻子 手書き暦 ✳︎2020年版の受付は終了しました。来年をお楽しみに!

 

【ヒマラヤの師と共に】ーご感想たくさんお寄せいただきました!

ご感想をたくさんいただいています。下記に一部抜粋してご紹介いたします。

大変励みになります。ありがとうございます!

 

-----------------------------------------------------------

 

◯読む人を引き込む力のある作品。何度も読み返して咀嚼したくなりました。出だしから、 何が始まるのかワクワクしながら読み進めました。 冒険物語みたい。
随所にある師たちの言葉は、 別にヨガに限らず、 人間として誠実に真っ当に優しく生きることを示唆する深く響くものです。
話はインドを知っている人には多岐にわたるテーマが織り込まれており(聖者やインド各地、 名もないサドゥに至るまで)楽しめました。 また、 非常にドラマチックかつこんなことがあるんだなぁ...是非経験してみたい、 というふうに思います。
普通、 尊敬される存在になりたがる人が多い中で、 師という存在に限りない愛と敬服があるからこそ、 いち労働者のような形で世界に参与し続けるシュリーエムの姿勢に非常に好感が持てました。 何か宗教と言う枠を超えて次元を超えて展開される、 非常に響くものを持つ自叙伝でした。 ーAさん (Amazon reviewer)

 

◯以前に紹介したクラウドファンディングで、シュリー・エム氏というヨガ行者の本を日本語で翻訳し出版しようという企画がありました。

 期日までにおよそ1.5倍の賛同者が集まり、無事に出版の運びとなりました。一般の大型書店などでは来年の1月10日から販売するそうです。

現代版の『あるヨギの自叙伝』といえば、その方面で分かる人には伝わるのではないでしょうか。まだ前書きと目次しか読んでいませんが、面白そうな本だと思います。

巻頭に「師の役割は、弟子が自らの足で立ち、歩めるようにすることだ。」という、シュリー・エム氏の言葉が書かれていました。

あまり伝わっていないかもしれませんが、僕は嬉しいです!

https://ameblo.jp/kaz32i/entry-12562257087.html

 

◯豪華なご本に感激です。 この本の出版に関わられたすべての皆さまに、 心より感謝いたします!届いてすぐに、 ぱらぱらとめくるだけのつもりが、 内容に引き込まれて読み始めてしまい、 三が日、 一気に通読。 とても読みやすい翻訳で、 最後まで読破いたしました。 とても濃い内容で、 長い年月のことが書かれているにもかかわらず、 本当にぐいぐいと読まされました。 YouTubeなどで動画も拝見しております。 師の来日を切望いたします。  ーKさん

 

◯文章もとても読みやすくて、 情景が自然と浮かんでくる。
原書も素晴らしいのだろうけど、 訳がすごく良いのかな、 翻訳書じゃないみたい。 ーUさん


◯この本が、 今、 自分の手元にある事が不思議です。 ヨガの世界を知らなくても面白い作品です。 ...グイグイ引き込まれて読んでしまっています。 ....色々な自分が、 この本を読んでいます。 読み終えたとき、 どんな気分なんでしょう。 ーYさん

 

他にも色々な場所で本書をご紹介いただいているようです。

全部シェアできておりませんが、ありがとうございます!

https://ameblo.jp/ganeshagiri/entry-12567061815.html

https://ameblo.jp/phonograman/entry-12564498717.html

https://ameblo.jp/singetsu123/entry-12565910482.html

 

f:id:rengesha:20200122201328j:plain

紀伊國屋新宿店様3F

 

 

 

【舎長おーちゃんが行く!①】店頭で本を見て思ったこと。

みなさま、こんにちは!

 

おかげさまで、書店店頭に本を並べるまでの色々な手続き(というのかわかりませんが)が終わり、無事に店頭に本が並びました。

しかし、ほっとしたのか、一時体が動かなくなってしまいました!(回復しました)

そんな中、ぼんやりと...店頭に足を運んだ方が本をたまたま目に留め、手に取ってくださる確率というのは、奇跡に近いくらいではないのかな〜 などと思っていました。

 

毎日毎日量産されるたくさんの本がある中で、限りある書店さんのスペースの一角に置いていただき、もしもそこで求めてもらえなければ、本は返ってきてしまいます。

その本の一部はもう使えず、少なくとも改装しなければならず、返送費用と手間が乗ってきます。そして迫り来る在庫の管理。

.....と、一連のことはわかってはいるつもりでも、実際に降りかかってくる段になると、見えない相手が襲いかかってくるみたいで、正直なところこれは結構怖い!!

と、体調がいまいちだったこともあってか、見えない相手としばし格闘しておりました。

 

しかし、限りある情報から拝察するにすぎないのですが、店頭での売れ行きは悪くない....

いやむしろ、なかなかの健闘ぶりだね!!

という感じなのです。

そして何より、寄せられるみなさんからの反応やご感想がとても良いのです。

これは...フラられると思っていた相手に思い切って思いを告げたら、思いがけず愛のある返事が返ってきた時のような驚きを伴った嬉しさです!

 

思えば、クラウドファンディングの時からそうでした。

何かを外側に表現しようとするとき、それが自分にとって大事なものであればあるほど、拒絶されることへの恐怖に足がすくみます。

それでもやるかどうかは、運命の分かれ道。

先のファンディングの場合は、もう後ろに下がれない場所に来てしまい、

目を瞑って、エイ!と飛び降りたら、思いもよらない多くの人の手が伸びてきて受け止めてくれてびっくりした!!

そんな感覚でした。

そして、その経験は、私の中にとても大きな変化をもたらしました。

言うなれば、世界に対する絶大な信頼感が生まれました。

世界、という言葉が抽象的であるのなら、人に対する信頼感、と同時に、何か大いなるものへの信頼感、と言っていいように思います。

信頼感が増せば増すほど、どこからともなく元気が湧いてきて、なんとかなる。

そんな、見えないやりとりを重ねているような気がします。

(それでも返品が怖いのは許してほしい!)

 

  ✳︎ ✳︎ ✳︎

 

先日、ジュンク堂書店池袋本店さんの4Fで『ヒマラヤの師と共に』が『バガヴァッド・ギーター』と併売されいるのを見て、とても嬉しくなりました。

 

展望もなければ自他への信頼もなくさまよっていた頃、ふらりと入った渋谷の本屋さんで『ギーター』を手に取らなかったら、今こんなことをしていることはまず無かったと思います。

店頭に足を運んだ方が本をたまたま目に留め、手に取ってくださる確率....なんて、あれこれと考える必要はないのかもしれません。

出会うひととは出会うし、出会わないときは出会わないのと同じく、

手に取る時は手に取り、手に取らない時は、手に取らない。

 

とはいえ!!

一人でも多くの方が手に取ってくださるように、舎長としては引き続き頑張りたいと思います。

 

✳︎蓮華舎のHPからもご購入いただけます。ヒマラヤの師と共に〜現代を生きるヨーギーの自叙伝〜 - 出版社 蓮華舎

 

f:id:rengesha:20200120010121j:plain

ジュンク堂書店池袋本店様4F

 

 

 

✳︎蓮華舎ニュースレター登録はこちらからどうぞ!

https://padmapublishing.jp/

✳︎舎長の日常はこちらから!Instagram : renge_padma

 

 

 

 

【ヒマラヤの師と共に】ー稲垣えみ子さんよりご感想をいただきました!

元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが、『ヒマラヤの師と共に』の感想をくださいました。

クラウドファンディング時から応援を頂き、本当にありがとうございます!

 

--------------------------------------------------------------

最初は、ドン、と届いた辞書のごとき大著におののき、恐る恐る拾い読みするところから始めたのですが、たちまち、著者の飾らない言葉で語られる「奇跡」としか思えない不思議な出来事の数々にワクワクと心を奪われ(エアコンを捨てた身としては、自分の中の炎を燃やせばどんな寒いところでも寒さを感じないというババジの話に興味津々  笑)、しかしそれはすぐに、このような超人的パワーを身につけながらも、それを誇ることもひけらかすことも得意になることもなく、ただただそっと他者を助けることに当たり前に生涯を捧げる著者の強さと優しさに対する驚きに取って代わったのでした。

いやいやそれこそが本当の奇跡じゃん!と思ったのです。

我々はきっと超人になることはできません(自分の中の炎に火をつけるのも是非やってみたいが無理だと思う)。でも心がけ次第で、それぞれのやり方で他者への優しさを持つことはできる。それは決して簡単なことではないけれど、そのことが結局は自分の人生を真に輝かせることに繋がるんじゃないか? そしてそれこそが現代における奇跡なんじゃないかと思った次第です。

つまりは我々は誰だって小さな奇跡を起こせるし、それが積み重なっていけばきっと世の中を変えることもできるんだと思わせてくれた一冊。

 --------------------------------------------------------------

 

✳︎稲垣さんは、昨年末に『アフロ記者』が朝日文庫から出されたばかりで、書店さんではどこでも平積みです!

https://amzn.to/2u4Ljo4

 ヒマラヤの師もこのくらいどこでも平積みされるくらい認知されるように頑張ります!

 

 

f:id:rengesha:20200117115339j:plain

 

(下記は新宿紀伊国屋本店様3F)

f:id:rengesha:20200117115524j:plain